Aくんはやっと目を醒ましました。 彼はずっと幻想を抱いて今日まで生きてきたようです。   “この仕事 […]