メジャーデビューを目標にして

音楽活動を日夜行ってるアーティストは多いと思う。

 

音楽業界人は言う。

今の時代、音楽でメシを食うには…

 

・小さいうちは地道にでも大きく

・大きくなると小さくなるな

・紅白歌合戦、数回出場者も厳しい時代

 

だそうだ。

 

どう言う意味だろう。

 

・小さいうちは地道にでも大きく

読んで字の如く、売れてないうちは

当然地道な活動が必要だ。

 

例えば、お店で歌いチャージバックを得たり

交通費程度で出演し、名前を売る。

 

ただ、こう言ったコアな活動には限界値がある。

勢いがあるうちに、大きく出る必要があるとのことだ。

 

大きく出るとは、事務所に所属でもよいが

力のあるイベント会社と組むなどがある。

そうすることで活動を加速させることができる。

 

・大きくなると小さくなるな

一旦大きくなる、つまり売れると今度は

地道な活動は返ってアダになる。

 

例えば、全国流通に乗りツアーを回りだすと

小さいお店で会えることが当たり前になっていてはいけない。

 

あそこに行けば会えるから。

 

お客からすれば

大きな会場〈 小さい会場なのだ

 

業界人は真逆の考えで

 

小さい会場〈 大きな会場だそう。

 

なぜなら、一度大きくなるとハクが付く。

小さな活動は安売りに等しくなるらしい。

 

・紅白歌合戦、数回出場者も厳しい時代

あの紅白歌合戦に度々出場しているアーティストですら売れなくなってきている時代だそうだ。

 

なぜか。

 

事務所に所属していると

事務所が持ってきた仕事は身入りが減る。

事務所はアーティストに仕事をしてもらい

パーセンテージを得て成り立っている。

 

これに納得いかないものは独立を選ぶ。

独立して士業を入れうまく回せる場合もあるが

現実は厳しいようだ。

 

事務所とうまく付き合いつつ

折り合いをつけられるアーティストは

細く長く生きられるようだ。

 

しかし、音楽バブルはとっくに崩壊している。

 

ようは金なのである。

金があれば売れる。

 

大手音楽事務所も

どれだけ借金できるかにかかっている。

 

CDの買い込みや宣伝費用など

先行投資ビジネスであるが故に擦ったら捨てられる。

回収の見込みがなければ

用無しなのである。

 

でも、大好きな音楽を続けるために一つだけ方法がある。

 

それは、音楽で食おうとしないことだ。

 

音楽で成功する=音楽でメシを食う

になると上記のようなジレンマが押し寄せる。

 

ならば、音楽とは全く関係ないジャンルで稼ぎ出し余剰金で音楽を回し、その結果双方が成功していた。

 

これが一番理想の形だろう。

 

いつまでも売れなければならない。

そのプレッシャーに押しつぶされる者は多々いる。

もちろん根っからの仕事人なら別だが。

変に売れてしまったら跡が大変だ。

 

しかし、自身の事業があり

かつ音楽で成功していたらどうだろうか?

 

もし音楽でダメな場合でも自分の事業がある。

音楽で成功しても事業も並行すればよい。

つまり保険を持つということだ。

 

その保険を間違えるととんでもない結果になるのだが。

 

ちなみに僕の知り合いのアーティストは

インターネットビジネスで成功しつつ

やりたい時に好きなだけ音楽を楽しんでいる、

 

心の余裕があるから音楽にも余裕が出るのだとか。

 

楽しいことをするのに義務感になってしまうほど残酷なことはない。

 

音楽活動する上でもインターネットビジネスは非常に相性がいい。

いい曲を作ることも大切だか

それよりインターネットビジネスを勉強して活動にいかしたほうが余程近道になるはずだ。