仕事環境ってすんごい結果を左右します。

特にインターネットビジネスは。

 

だって、作業やらなくても誰も困らないし

困るの自分なんでw

 

で、こないだマクドナルドでメルマガ書いててちょっと思いました。

 

マクドナルドのコーヒーは100円
街の喫茶店は250〜300円くらい
スタバは確か400円以上するって感じ。

 

で、値段によって環境ってこんなにも変わるんやなと。

1、「スタバの居心地の良さ」

以前、スタバで400円ちょいのコーヒーを飲みながら

メルマガ書いたり作業したことがありました。

 

そしたら「新商品の試食です」とか言って

お姉さんがクソうまい新商品を無料でくれた。

気分がかなりよくなりました。(フリー戦略です。)

 

新商品に特に興味がなかったがその優しい笑顔に

思わず「ください」って言いそうになりましたw

 

周りにいるお客の層もなんかお上品。

僕と同じようにMacBook持ち込んで

 

作業してる人もたくさんいる。

「なんて作業しやすいんやろ・・・」

 

きっと彼らのMacBookではデザイン系とか

会社の資料まとめたりとおそらく

メルマガではない何かをせっせと作成してたんだと思います。
(中には同じようにアフィリしてる人もいるカモですが)

 

その日は他に予定があったから、泣く泣くスタバを出たけど

時間さえ許せば絶対もっと長居してたと思う。

 

スタッフ一人一人のポテンシャルの高さも合間って

スタバには“また行きたくなる”雰囲気が端々に漂ってる。

スタバは場を提供してるんです。

コーヒーももちろん提供はしてくれてますが

 

「快適で居心地のいい空間」

 

をデザインしてくれるんですよね。

 

たった400円ちょいで。

2、「マクドナルドの居心地の悪さが鬼だった件」

 

次にマクドナルドの居心地の悪さについて書きます。

マクドナルドといえば、一時期株価が低迷して

 

売り上げが下がり続けてこのままでは

倒産の危機も危ぶまれるという状況を

店舗縮小という形でなんとか乗り切ったという歴史がありますね。

 

そして、値段変更や100円コーヒー

質の見直しなどによって

また徐々にお客を取り戻しつつある。って感じなんですが

 

そんなマクドナルドに来る客層といえば

主に10代〜30代くらいの若者達といった感じです。

 

サラリーマンはちょろちょろといる。

もちろん店舗にもよります。

 

で、マクドナルドでメルマガを書いている時です。

 

突然

 

「質量がこんだけあって、●●の法則がうんちゃらかんちゃら。
お前わかる?それによって1ミリずれた結果ertyuifdghjkl……….」w

 

「俺、いけてんじゃね?」と言わんばかりにほざいてる男がいました。

はっきり言います。

君の隣で100円コーヒーを飲んでる女は

君にも君の発する無意味な情報にも1ミリも関心はないっw

女は「へー。そうなんだー」の嵐。

 

そして、つまらなさそうに目線を下にしては

爪をいじる。

 

ちなみに、爪をいじくる行為はストレスを来る行動だそうですw

 

目線を変えて横を見ると女子高生達

ボリューム全開でケタケタと

腹を抱えながら笑いころげてるではないか。

 

「あはは」じゃないです。

 

「ギャハハ!!!!!!!!!!!!!!」ですw

恥じらいなんて一切なく

思いっきり開いて全力で笑います。

 

股開くのもやめてほしいけど、せめて声のヴォリュームは絞っていただきたい。

 

更に更に!

 

追い討ちをかけるかのように、どっかの国の子供が
「mammy!!!!!!!!!!!!!!!」
と店内が静まり返るほどの奇声を発し出します。

 

とにかくみんな大声選手権みたいに

誰かが音を立てると、その音に勝るくらいの音が

どこからともなく聞こえて来ましたw

 

僕はこの時点で店内を脱出しようかと思いましたが

今僕はメルマガを書きにマクドナルドへきている。

 

コレをネタにしない手はないw

 

ということで密閉式でもないイヤホンを

ぎゅーっと耳の穴に押し込んで周囲の音を和らげて

マクドナルドで繰り広げられる様子の観察を始めます。

3、脱落者多数へwwwwwwwwwwww

すると、向かいに座っていた

大学生風の若者が雑踏のHzに耐えられず一人脱落

まぁ、しゃ〜ないっすよね。

 

次に

「質量がこんだけあって、●●の法則がうんちゃらかんちゃら。
お前わかる?それによって1ミリずれた結果ertyuifdghjkl……….」w
クソ男

まだ女にわけのわからない

一方的な会話を延々繰り返します。

 

隣に居たサラリーマンは今にも殴りかかりそうな顔で

奴(クソ男)の意味不明な会話の様子を見てます。(それを僕が遠くから見てます)

そしてとうとう持っていたカバンを机に

「ドン!!!」

と叩きつけながら脱落。

 

仕事に疲れてせっかくマクドナルドでコーヒー飲もうと思ってたはずなのに

ほんまお気の毒です。

 

こうしてどんどんと脱落者があらわれます。

 

僕はというとイヤホンという存在に助けられ

この文章をなんとか書き続けることができてます。(なんとか)

 

ということで

マクドナルドの居心地の悪さは鬼です

 

しかしながら学生や主婦にとっては

マクドナルドの100円コーヒーは神ですよね。

 

僕が今学生なら間違いなく学校の帰りに

意味もなく立ち寄って100円コーヒーを

毎日のように頼んでたカモ。

 

今でも待ち合わせの時間までにちょっとよって

100円コーヒーを飲むこともあります。

そういった意味ではすごく助かってますよ。

 

でも・・・作業する場所ではないことは

薄々前から気づいていた。が。

ここまでひどい環境とは思ってなったですw

まとめ

 

1、「スタバの居心地の良さ」

スタバは400円ちょいで

フリー戦略なんかも織り交ぜながら

「快適で居心地のいい空間」

を提供している。

 

2、「マクドナルドの居心地の悪さが鬼だった件」

100円コーヒーは確かに助かる。

でも集中して作業できる場所では決してない。

 

3、脱落者多数へwwwwwwwwwwww

故に、マクドナルドでは100円コーヒーを瞬殺で飲んで帰る羽目になった

サラリーマンなどの脱落者が続出w

 

マクドナルドのコーヒーって100円

スタバのコーヒー400円ちょい

 

この300円の違いで

こんなにも作業の集中度合いに格差がうまれるとは。

値段は嘘をつかないは、ほんとうです。

 

さっきも言いましたが、スタバは

「快適で居心地のいい空間」

これを提供してます。

 

じゃあ、マクドナルドは?ってことですが

マクドナルドは

「安い、早い、うまい」です。(違うかもですがw)

これって、何が言いたいかというと

 

吉野家とかと変わらないってことです。

 

つまり、時間がないときにサッっと食べるものを探してるときに

吉野家でもマクドナルドでもどっちでもいい

 

そんな人ばっかきます。

 

彼らは基本お金も時間もないので

客単価がお安いです。

 

その点スタバは

吉野家とかマクドナルドのようなファーストフード店とは

一線を画してます。

 

「快適で居心地のいい空間」

を求めてる人にとって値段じゃないんですよね。

だから、客単価も高い。

 

当然のことです。

 

そして、今回の経験で僕が思ったことは

マクドナルドで二度と作業はしない。

ということですw

 

やはり安いものにこだわるとよくないですね。

環境も体にも。やっぱそこにいる客層も値段相当です。

 

行く時間帯や店舗によりけりだとは思いますが。

 

無料にこだわりすぎてもだめ。

 

やっぱり自分の夢を叶えるためのいい環境には

それなりの最低限投資をするべきです。

 

その時は投資したことによってちょっと厳しいと思っても

しっかりと勉強してあとで回収すれば勝ち。

 

作業しにくいストレスを考えるとお安いもんです。

 

我慢して子供が泣き叫んでて女子高生が笑い転げてても

100円コーヒーで5時間粘るんだ!とかこだわってると成功に遠ざかる

ということはありますよね〜。

 

あ、作業環境ってとっても大切です。

僕は今ある作業環境にしてからすこぶる調子いいです。

もし作業環境に不満ある人はこの記事も読んでください。


「家でよくね?作業環境になんでわざわざ金使うの?」