こんにちは。あっきーです。

今日もインターネットビジネスの素晴らしさを
お伝えできるような内容を頑張って話して行きますね。

そんな問題簡単さ。
ってあなたは言うかもしれません。
しかし!

知識ってアウトプットしてないと腐ります。

あなたからしたら「あ、それ知ってるよ」ってレベルの話でも
相手からしたら「頼む、お願いだから誰か教えてくれ〜〜〜〜〜〜!」
って困ってる場合があります。

あなたがその問題を教える立場になったとしましょう。
問題解決の方法はわかっています。
あなたはその問題解決の方法を相手に伝えました。

すると相手は
「ん?どう言うこと?じゃあこれって●●って意味?」
となんだか不安そうな表情。

しかも相手が質問してきた●●についてあなたは知りません。

この時あなたならどう考えますか?
1、「なんでこんな簡単な問題もわからないんだよ!●●?自分で調べろよ」
2、「どこがわかりにくかったんだろう?選んだ言葉が悪かったのかな?
●●は僕も知らないんだ。だから調べて返事するよ」

どっちも正解だと思います。

ですが、自分が成長するためには当然の方がいいですね。
「どう伝えたらわかりやすく伝わるだろう」って考えた時に
頭が必死に考えます。

「こんな簡単な問題わかるさ」
って思ってても相手から予想外な質問が来たりします。
あなたは必死に調べ、またわかりやすく相手に伝える努力をします。

そうすることによってあなたのわかりやすく伝える能力がレベルアップして
次に同じ質問が来た時にもっとわかりやすくシンプルに答えられますね。

相手のために何ができるかを考える
実はこれ、結局自分のためになってるんです。

そこでもし知識を出し惜しみしてたら
→結果相手のためにも自分のためにもならず
時間の浪費になってしまう。

って言う感覚大事ですよね。
わからないって悩んでる人に対して
できる限りわかりやすくシンプルに伝えることで

結局あなたの人に教える能力が増して
超わかりやすく説明してくれる人になれます。
こうなると人気者になります。

なんで人気者になるのかは
「4歳からすでにやっていた!?何かを人に教えることについて」
を読んでくださいね。

以上、「相手が悩んでるその問題の解決方法を自分が知っていたとしても」でした。