音楽業界=華やかな業界に一見見えます。

実際に足を踏み入れると、ドロドロの嵐・・・

人(客)=金の認識の金の亡者化する経営陣
この世界で食べたくない!

そんな時、インターネットビジネスに出会いました。

 

初めまして、akkiyです。

僕は関西の山奥で育ち、中学の時は皆勤賞。

高校受験をしたくないために、生徒会(書記)に立候補し

“作文”の推薦で高校の入学切符をゲット。

それから、音楽の道に進むべく音楽の専門学校へ行き

デビューが決まり、上京・・・

音楽を理由に定職に就くことから逃げ続けてきました。

音楽で食べる。

夢だったことを現実にしてわかったことがたくさんありました。

 

中学から高校にかけて「僕はミュージシャンで成功するんだ!」

と本気で思っていました。

周りにもそんなことを言ってました。

「Mステ出たら見ててな」(←恥ずかしいw)

そんな奴がもちろん、普通に就職して成功できるわけがありませんでした。

いざ就職した先では
人を溶かせるほどの劇薬を扱う現場に配属

辞めました。

 それからというもの、音楽を見直すと意外と稼げることがわかりました。

これまでは

ライブハウスに出てはチケットのノルマが消化できず

毎回赤字…

なんのために音楽をやってるのかわからなかったです。

でも、業界を変えるとそうではありませんでした。

お店で歌ってる系のいわゆる流しの世界は稼げます。

1時間ほどの投げ銭ライブを1回すれば、札がぽんぽん貯金箱へ投入されたり。

1日10万円もらえる現場があったり。

音楽で食べてる。でも、何かが違うことはずっと感じてました。

 

そんな時、インターネットビジネスに出会い

時給1万円もらったり、無料のものを紹介するだけで

1万円もらえる仕事に出会い、僕の価値観は崩壊しました。

それと同時に

「僕が探してたのはこれだ」

と確信しました。

 

これまでの実績を少しご紹介すると・・・

・音楽だけで月20万稼ぐ

・食べていくのが難しいとされる音楽業界である方法を知り、食べていく知恵を得る。

・インターネットビジネスに出会い、時給1万円の世界を知る

・自己アフィリエイトという手法で計5万円を手にする

・無料で紹介したものが紹介後、すぐに7件制約(1件1万円)

・あるブログランキングサイトで1位を獲得

・記事を外注化し、ブログ運営を半自動化に成功
(この記事は自分で書いてますよ)
・ある投資案件で継続的に勝ち続ける

・株で味をしめ、買った銘柄が大暴落(なうw)

・無料コンサルティングを企画

・ギターを全く触ったことのない素人の高校生女子がたった3ヶ月で1曲弾けるレベルまで持っていくことに成功

・次世代起業家セミナーというものでシステム化について学ぶ。

etc…

ほんとに羅列しただけになってしまいましたが、

いざ書いてみると自分で「へー」ってなりますねw

 

今では、インターネットビジネスで稼ぐ方法を知ってますが

実績を見ていただくとわかるとおり、僕はもともとミュージシャン志望でした。 でも、自分には他の生き方があってることも悟ってます。

ミュージシャン・・・あなたはどんなイメージを持ちますか?

・とても華やかな存在

・毎日好きなことばかりして自由に生きている

・自分の特技を披露し、お金持ちになってセレブ生活をおくれる

・ロックバンドは酒とタバコと女だ。

 

いろんなイメージがあるかと思います。 

僕はいろんな形の音楽業界に触れわかったことがあります。

「お客様=お金」 しか見てない。

ということ。

そして、自分自身もその考えに賛同し始めてしまっていました・・・

 

実際の現場はというと

 

重いギターを担ぎ、さらに機材やチラシが入った旅行ですか?

という量の荷物がパンパンに入ったリュックを常備。

 

移動費をケチるために、移動はほぼ電車。

 

周りに大きな荷物を持ち歩く若そうな男が疲れた顔をして乗ってきた

という白い目をされながら。。。

やっと着いた現場では、その店の店主の機嫌取り

 

そして、ややこしい(こっちは金払って応援して“やってるんだ”という態度の)客相手。

冬はお湯に触れると痛いくらい冷え切った動かない手でギターを無理やり演奏して、失敗も増える。

食事など、もちろん不規則。

 

飲みたくもない酒を客から無理やり奢られ作り笑いしながらその場をしのぐ。

舞台裏に戻ると生き方に矛盾を感じてるオーラ全開のただの暗い奴。 

そしてまたステージに立つ。

 

ライブが終わっても疲れた体にムチ打って客席に強制挨拶まわり。 

安らぐ暇もなく

次のステージや集客、お店へのおべんちゃら。

 

そして、お客=金の世界。 

 

意外と金は稼げるけど、明らかに矛盾を感じずにはいられませんでした。

 このまま後5年も経てば(もっと近い将来)

・いつまで自分の好きなことばっかやってるの

・いい加減目を覚ませよ

・ほらもっと飲めよ(ホスト?w)
「このままじゃ自分がダメになっていく」

それがわかりました。

 

それからというもの、僕はインターネットビジネスで真剣に稼ぐことを考え、

仕事も辞めました。(←結構やばい選択に思われます)

 

そして、生き方というものについても見直すきっかけになったので

今ではとても感謝しております。 

 

そんなインターネットビジネスでは無料のものを紹介するだけで

1万円もらえるなんてとんでもない情報があったりします。 

でもね、僕がインターネットビジネスに対する印象は

正直、あまりいいものではなかったですw

絶対に騙されるんだろうなwくらいで思ってました。 

たった1クリックで100万円があなたの口座に流れ込む!

みたいな謎の文章の羅列があったり

与●翼みたいに、六本木に住み、夜はチャンネーとウハウハしながら

毎晩豪遊の日々。

そんな集まりのように思えたのです。

 

でも実際にインターネットビジネスを真剣にやってる人を見ると

(与●翼さんもインターネットビジネスを真剣にはされてますよw)

 

「あれ?意外とみんな地味?w」

 

そんな印象でした。

 

そりゃそうですよね。インターネットが舞台なだけで

実際はビジネスをちゃんとやってるいわばビジネスマンですから。

 

でも、出勤もなければ大嫌いな上司にへこへこする必要もなく

付き合いたい人(お客も含め)自由に選択できますから

そんな堅苦しい人は少ないように思います。 

 

楽天やAmazon、最近だとフリマアプリのメルカリとかも

超インターネットビジネスですね。 

 

インターネットを活用したビジネス=インターネットビジネスです。

だから、ミュージシャンが集客のためにSNSに告知しまくってるのも

一応、インターネットビジネスです。(結果はどうであれ)

ビジネス=価値を生み出すということ。です。

 

あなたがここまで文章を読んでくださり、

あなたの生き方になかった価値観を感じていただけてたら

それはもう価値を生み出してるということに他なりません(何も感じてなかったら寂し~w)

 

ここまで読んでくれたあなたはきっと

こいつはそんなに成功してるのか?という印象だと思いますが

僕の感覚はいたって普通です。

 

音楽→インターネットビジネスにシフトした。ただそれだけだと思っております。 

性格的にもそこまで派手な方ではないですし。。 

 

では、なぜそんな僕がインターネットビジネスの世界に足を踏み入れ

少しだけでも成功ができてるかというと・・・ 

 

その秘密は、次の章に詳しく書かれてありますので

お楽しみに。

動画も作ってみました。
どんな声かを知っていただけます。←知りたくないとか言わないで(゚o゚;;
是非見てくださいませ♪
↓↓

続きは【第1章】いじめ、借金、家族はお金でギスギス状態。それでも・・・へ→